国民年金の強制徴収、所得300万円以上

これまでは、所得350万以上の国民年金未納者が強い徴収の対象になっていました。今後、300万以上の未納者に対象を拡大するそうです。産経ニュースが伝えています。

国民年金の強制徴収「所得300万円以上」 未納者対策拡大へ
http://www.sankei.com/life/news/170326/lif1703260011-n1.html

ニュースに戻る