事業承継5ヶ年計画

今後5年間で30万以上の経営者が70歳になるにもかかわらず、6割が後継者未定、70代の経営者でも、事業承継に向けた準備を行っている経営者は半数にとどまる。これを受けて、中小企業庁は「事業承継5ヶ年計画」を策定した。とのことです。
経済産業省ニュースリリース

1995年では経営者年齢の山は47歳だったのが、2015年には66歳になっている。大変な高齢化ですね。若い経営者がいつのまにか歳を重ねるうち自分の高齢対策を怠ってきたということでしょうか。

ニュースに戻る