フルハーネス型保護具が原則に

厚生労働省の「墜落防止用の保護具に関する規制のあり方に関する検討会」の報告書が公表されました。墜落時の身体保護の観点から、フルハーネス型保護具を原則とすべきなどが記載され、今後、JIS規格の改正作業、関係法令改正に進みます。実施は平成30年度の見込み。

下は厚生労働省ホームページ内の該当ページへのリンクです。
墜落防止用の保護具に関する規制のあり方に関する検討会

ニュースに戻る