仮眠も労働時間 残業代支払い命令

労働からの解放が保証されているとは言えないとして、原告の請求をほぼ認め、未払い残業代と付加金を支払うよう命じた裁判がありました。ヤフーニュース(朝日新聞デジタル)の記事です。

仮眠も労働時間

何があっても起きて対応する必要がないなど、完全に仕事から解放されるのであれば、労働時間ではないとされていますが、異常があったときは対応しなければならない状況にあれば、たとえ、そのようなことがほとんどないにしても、完全に労働から解放されているとは言えないとされ、労働時間に認定されるようです。以前にもこうした裁判例がありました。

ニュースに戻る