厚生年金基金が解散!年金は

厚生年金基金は、5.5%以上の運用利回りを前提とする仕組みなので、今にして思えば危なっかしいものだったのですが、当時はそうした心配をする人は少なく、通常の厚生年金からもらう年金よりも多い年金が約束されるとてもよい制度だと思われていました。

その後、高度成長期と比べれば信じられないほど金利が低くなり、さらに、運用の失敗などで大きな穴をあける基金が多発しました。その結果が基金の解散です。

基金が解散しても、厚生年金に相当する部分はそのまま支給されますが、人によってはそのまま支給されるわけではない、というヤフーファイナンスの記事です。

厚生年金基金が解散!年金はどうなるの?

ニュースに戻る