高年齢雇用継続給付とは

高年齢雇用継続基本給付金というのは、60歳以後の賃金がそれまでと比べて下がった人に対して、下がった分をいくらか補う意味で支給される雇用保険からの給付金です。一般的には、60歳で定年を迎え、以後同じ会社で、新しい条件で再雇用された人が該当します。同じ会社ではなく、違う会社に再就職したときは、高年齢再就職給付金があります。

下のリンクは、ヤフーファイナンスの記事です。

60歳以降にもらえる高年齢雇用継続給付とは

ニュースに戻る